2016年8月22日月曜日

3DプリンターThing-O-MaticでBUILD TAKを試してみる

プラットフォーム(ベッド)への造形物の剥がれ対策専用のBUILD TAKというのがあるということはだいぶ前から存在は知ってはいたのですが、初期のアクリル板のプラットフォームに始まり、ヒートビルドプラットフォームを作ったり、カプトンテープの表面を紙やすりで荒したり、いろんなマスキングテープやら、スプレー糊、スティック糊、ヘアスプレー・・・等々を試した結果
 マスキングテープ+3Dケープ
で、なんとかなっていたのだけれども、25cm四方のものが手ごろな値段な上に、Thing-O-Maticのプラットフォームは12cm四方なので4枚取りすれば500~1000円の間ぐらい? コストを考えるとPLAはマスキングテープで十分カモだけど?


ABSの小物を印刷してみましたが、プラットフォームの推奨温度が60~80℃に対し様子見で低目の40℃にしたら張り付かず、80℃にしたら強目に張り付き、造形物が冷えてから軽く衝撃を与えて外さないといけないぐらいの食いつきで、樹脂との相性や造形物の大きさとの兼ね合いもあるので推奨温度の間で色々と試してみようかと?
今までかなり妥協していたABSの大物造形もうまくいきそうな気がする?

プラットフォームの設定温度目安のメモ
 ABS 60~80℃
 PLA 40~45℃


ま、マスキングテープ+3Dケープ でも食いつきは悪くはないのだけれども、張り付きをよくしようとプラットフォームの温度を上げていくと、今度は紙テープがプラットフォームから剥がれてくるので、Raftや各種温度設定の塩梅が難しく、ABSの大物の造形は難しかったし。

Windows10 64bitで、Thing-O-Maticを使おうとしたらMakerbotDesktop3.9が対応していなく、泣く


最新のMakerbotDesktopにプリント用のファイルを作ろうとしたら、どこかの時点でThing-O-Maticのサポートが切られたらしくDevicesの一覧に見当たらず一泣き orz

ハードが動いてもソフトが無ければただの木箱。でも、公式ページをパッと見した限りでじゃ古いバージョンのソフトダウンロードが見つからず、二泣き
バックアップの中から手持ちで新し目のVer3.6???を入れようとしたら、今度はインストール開始早々にWindows10には対応していないとエラーになり、三泣き
ソフト自体Windows7からアップデートしたときの残骸だったからな~。って、ベータ版なのにバージョンチェック厳しすぎでしょ?と、アップデートなんかしなきゃ良かったと、四泣き

そういえばWindows10には3D Builderとかいうのが標準で入っていたな~と、起動してみるも対応機器中に無く、五泣き

ま、この変化の激しい3Dプリンター業界で、何世代前の機械だよって!?
個人的には小さいものを気軽にプリントする分には十分で、作りも元が組み立てキットで自分で改良する楽しみもある機械なので壊れてもたいていの場合、代替え部品で補修できてしまうのでマダマダ現役で使おうと思っていたのに!?


しょうがないので古のRepricatorGというMakerbotDesktopの出る前までのソフトを探してきて入れる。とりあえず設定はデフォルトでいいやと動かしたら、XとYの軸の作動方向が逆で起動早々ステッピングモーターの脱調音の2重奏が鳴り響き、六泣き

CupcakeCNCの時に軸の設定を変えた記憶だけあるけど設定がどこにあるのかを思い出せず、七泣き。
ネット検索を始めたついでにWindows10 64bitで使えるThing-O-Matic対応のMakerbotDesktopを探してみると
 CAN I USE MY THING-O-MATIC WITH MAKERBOT DESKTOP?
というのが見つかり、
 MakerBot Desktop 3.7 for Windows 8.1 64-bit
を、ダメもとでインストールしてみたところ無事使えるようになる。泣きすぎて涙も枯れたころに、ようやくうれし泣き???

結局、Thing-O-MaticのサポートはVer.3.7/3.8 までのようだ。ま、Thing-O-Matic使ってる人自体いなそうだから自分用のメモ。

2014年1月29日水曜日

REPRAP MENDEL Evolution が、PCから認識されなくなる

今まで使っていた17番のシリアルポートが使えないから使えるポートに設定を見直してください
的なエラーが出るようになる。(英語のテキトウ訳)

ドライバーの入れ替えや、新しい機器を繋いだりなんてしていないので、ポートが変わるはず無いし。


パソコンも最近スリープでばかり使っていて、デバイスの取り外しなんてやらずに取り外してばかりだし、ドライバーこけた?と再起動してもダメ。
USBケーブルがダメになった???
と、制御ボードのMelzi側のコネクターを見たら、基板に固定されているコネクターがグラグラ orz

4つ有るUSBコネクターの固定足のうち1本は銅箔ごと剥がれ・・・。2本はハンダが基板から銅箔から剥がれて、1本だけでぶら下がってた。
信号線も端子のハンダ剥がれが有ったけどパターンは大丈夫そう。

コネクターの半田付けをやり直し

とりあえず動作するようになったので、様子見。

USBケーブルは、一応近くのネジ棒にタイラップで縛り付けて動きにくくしてたんだけどな~


しばらく問題無く動いていたものの・・・
造形中に止まってしまう病が頻発。止まってしまった状態ではUSBの認識が飛んでいて、仕舞いには元のトラブルが再発。コネクターの固定だけではなくパターンも切れかけだったっぽい。

コネクターを止めて、JUNKのUSBケーブルを打っ千切って直付け (^○^)

コネクター部分は、構造上弱いので補強等した方が良さそうです。